トップページ取扱商品一覧お支払・配送について運営者の紹介いろいろお問い合わせカートの中

三味線の名称と構造

 

       糸巻き―いとまき―

 

 

 見た目の美しさから最上品として、象牙。

 高価な象牙の代用品や見た目の鮮やかさから 合成・アクリル品。

 最も使われているのは滑りにくさと扱いやすさで、

 黒檀(黒檀・青黒檀・縞黒檀)になります。

 

 普通は上から「1の糸(太)」・「2の糸」・「3の糸(細)」という順序ですが、

 津軽三味線の東北では上から「1の糸」・「3の糸」・「2の糸」の順で使われます。 

 

    上駒―かみごま―

 上駒により三味線の棹から「2の糸」・「3の糸」を持ち上げ角度を付ける部位。

 三味線の種類によって数種類の形がありますが、

 三味線に固定されていますので、特に手入れ交換などの必要はありません。

 

      東ザワリ―あずまさわり―

 さわりとは「1の糸」の棹上部に直接触れている部位から、

 糸を弾いた時の音との共鳴により発する音色のことで、三味線独特の構造です。

 東ザワリとは「1の糸」を持ち上げる部品で、

 ねじにより持ち上げる高さを調節することにより共鳴させる事が出来きます。

 

    駒―こま―

 胴の部分から糸を持ち上げる部品。

 材質は主に、象牙・舎利(骨)・べっ甲・竹・プラスチックなど様々で、

 材質や高さにより音にも変わる為、三味線の音色の調節にもとても重要になります。

 

     音緒―ねお―

 三味線と糸を繋ぎ、音にも影響しますので割と重要な部位です。

 主に絹製。

 

   胴掛け―どうかけ―

 三味線胴の部分の腕の当たる所にある為、汗や摩擦を防ぎます。

   

 塗り物・布・皮物があり、多種なデザインがあるのでお好みでどうぞ。

 津軽三味線の場合、天神の先に付けるカバーも付属しています。

 

    天神―てんじん―

 三味線上部のことを天神と呼びます。

 音を良く響かせるためにこういう形になりました。

 発表会などではカバーを外して使われる事があります。

 落としたりぶつけた時など、壊れやすい部分なので気をつけましょう。

 壊れ方によっては修理も可能です。

 

    棹―さお―

 三味線の本体。強度などの理由から 「上棹」 「中棹」 「下棹」分解できます。

 

 主な材質は

 花林…お稽古三味線一般に使われます。

 紅木…水にも浮かばない程密度が高くとても堅く重い為、澄んだ音色が響きます。

 見た目にも「トチ」と呼ばれる文様が美しい素材です。

    

 詳しくは紅木三味線金細アヤ杉の項へ

 

    胴―どう―

 素材は花林製で、大きさ重さは三味線の種類によって分かれます。

 上級品で中に音が響くよう工夫のされた物がアヤ杉胴と呼ばれます。

    

 

 

三味線のまとばTOPへ